資格の転職!

資格で転職するために必要なこと

メニュー

難易度情報

資格の通信講座

簿記は転職に役立つか?

予め答えを言うと簿記の資格そのものが転職の決め手になることはありません。
簡単な事務系の仕事や学生の就職活動なら十分可能性がありますが、
転職として考えれば厳しいのではないでしょうか!

 

簿記の資格で重要なのは、その経理の知識を活かしてどのような仕事を行ってきたかという事です。

 

例えば、大手の企業で長年の経理経験があれば評価が上がりますし、製造工場などで、
経理をやっていて、同じ業界の経理として転職する場合も有利になります。
これは簿記に限ったことではないのですが、特にこの資格で転職をしたいと考えれば決め手は経験以外にありません。

 

とはいっても簿記の知識は、経理に限らずどの職種にも共通なので、キャリアップにはなります。

 

簿記を学習することで、会計の知識はもちろんのこと、財務諸表を読み取る力、
経営管理の基礎的な分析力が身につきます。
そうなることで、コストを意識して仕事が出来ますし、取引先の経営状況も把握できるので、与信管理の能力も身についてきます。

 

また将来経営者を目指していれば、なくてはならない知識です。
経理と言うのは、会社の健康状態を表しているので、自分の会社の状況を把握できなければ、経営していくことはできません。

 

このサイトでは将来の転職に役に立つ資格を紹介していますが、
簿記も長い目でみれば、ビジネスパーソンとしての力を身につけることができます。

 

現在のように変化が激しく、能力主義の世の中では、これしかできないとう仕事の仕方では生き残っていけなくなります。
もちろん、専門的な知識や技術も必要ですが、それプラスある程度の総合力や対応力が必要になるのです。
簿記の知識はそのための基礎的な要素になります。

 

現在、転職や資格に漠然としたイメージしかなければ、簿記の学習をしてみてはいかがでしょうか?
この資格に限っては、試験や合格を別と考えても意味があります。

 

<7>

次へ

>>10万人以上が使用した、通信講座の決定版<<