資格の転職!

資格で転職するために必要なこと

メニュー

難易度情報

資格の通信講座

ファイナンシャルプランナー(FP)転職の実態はこうだった!

ファイナンシャルプランナーは、転職の決め手にはなりにくい資格です。
この資格もどちらかと言えば経験を重要視されます。
但し、求人には2級FP技能士優遇という項目も見かけるので、取得していることでプラスにはなります。

 

ファイナンシャルプランナーは、主に保険や銀行、不動産、証券会社などで活躍する資格で、 特に保険業界では必須と言われています。
大手の保険会社ではもっていて当たり前と言う認識が強く、
転職の決め手と言うよりも、もっていなければ、仕事上支障を来たす恐れがあります。

 

と言うのも、ファナンシャルプランーは、各家庭の収入や支出、資産などを分析して、
住宅ローンや教育ローン、老後の資金などのライフプランを設計し、
顧客に最適な資金計画を提案するお仕事です。
つまり、幅広いお金や法律の知識を持つ金融の専門家になるのです。

 

このような背景から、顧客としてみれば普通の営業マンよりも専門家のファイナンシャルプランナーにアドバイスされたいと思うので、結果的に多くの顧客を獲得することにつながります。

 

ですから、ファイナンシャルプランナーとして転職するためには資格を持っていると言う土台があり、そこからどれだけの経験が積まれているか評価されることになります。
逆に資格を持っていなければ、面接すらされない恐れがあります。

 

ただ、最近のファイナンシャルプランナーは、就職とか転職とか企業に所属するのではなく、 独立開業するケースが増え始めました。

 

以前までは独立といっても保険代理店としてだけでしたが、今では住宅ローンの相談や教育ローンの相談などのアドバイザーとして仕事をする方も増えはじめ、成功者も出てきています。

 

また、宅建や行政書士などのダブルライセンスで幅広い仕事をしているケースもあります。

 

もし、金融業界に転職を考えているなら、間違いなく必要な資格でありますから、
経験とかはとりあえず置いといて、まず取得することからはじめて下さい。
そして、経験と実績を作れれば、必ず転職の武器になります。

 

<6>

次へ

>>10万人以上が使用した、通信講座の決定版<<