資格の転職!

資格で転職するために必要なこと

メニュー

難易度情報

資格の通信講座

通関士の転職の実態!

通関士は、就職には強いのですが、転職するためにはそれなりの経験が必要となります。
何故なら、通関士の資格者は必ずしも通関業務に就けるとは限らないからです。

 

通関士というのは、資格を取得して通関業者(流通・メーカー・商社・旅行)に就職することになります。そして、数年仕事に従事し、勤務先の企業から税関長申請して晴れて通関士と名乗ることができます。

 

しかし、実態は資格を持っていても簡単に通関業務に携わることはできません。
就職先の企業では、すでにベテランの通関士がいて、ある程度業務を回せるようになっています。
そのため、通関業務以外の部署で働くケースも多いのです。
実際に試験に合格した約6割が、通関業務以外の仕事をしているというデーターもありました。

 

そうなれば、必然的に経験者は少なくなり、資格取得者が多くなってしまいます。
ですから、企業としては経験者を優遇するのです。
これが通関士の実態です。

 

ですが、その逆に通関士の経験を積むことができれば、転職に非常に有利になります。
現在勤めている会社で、貿易の仕事に携わるチャンスがあれば、資格を取得して
積極的に関わってほしいと思います。
その経験が将来の転職の武器になります。

 

また、通関士の資格を取得して、それ以外の仕事をしているという事は、
仕事のニーズが広いとも言えます。
特に商社やメーカー、物流などの企業では、直接、通関業務の仕事をしなくても、その知識は必ず必要です。

 

現在は、インターネットの発展に伴い、企業だけではなく個人レベルでも輸出入が増え、
通関手続きが増えてします。
そしてこれからも増え続けると予測できます。
そうした状況の中で、通関業者は営業所に1人は通関士をおかなければいけない決まりや、煩雑な手続きも必要で、ますます通関士の役割が大きくなります。

 

将来のキャリアアップのためにも、通関士の資格はオススメです。

 

<4>

次へ

>>10万人以上が使用した、通信講座の決定版<<