資格の転職!

資格で転職するために必要なこと

メニュー

難易度情報

資格の通信講座

宅建を取得して転職をしよう!

宅建は転職に限らず、就職にもその力を発揮します。
何故なら、宅建には独占業務があるからです。

 

例えば、皆さんも経験があると思いますが、マンションを借りるとき、契約の際に書面を用いて需要事項の説明を行います。
敷金・礼金はいくらで、マンションの設備、大家さんの氏名などがそれに当たります。
この重要事項の説明と言うのは、実は宅建の有資格者でなければできない決まりがあります。
もちろん、重要事項の説明というのは、何もマンションを借りるときだけではありません。
全ての土地や建物にもいえることです。

 

また、宅地建物の仕事をしている企業では、各営業所に5人に1人の割合で宅建の有資格者を配置しなければいけない決まりもあります。
その他にも重要事項の書面への記名や押印も宅建の独占業務です。
このように宅地建物を取り扱う企業では、必ず宅建有資格者が必要になるのです。

 

これは転職する上で強みになります。
企業によっては実務経験がなくても宅建を持っているだけで、採用してくれこともあるくらいです。

 

しかし、全ての企業が転職に有利になるとは言えません。
というのも宅建は、ある程度難易度が高く、簡単に取得できる資格ではありませんが、
優秀な人材を揃えている不動産の一流企業では、当たり前のようにもっています。
そうした企業に転職したいと考えれば、実務経験がものを言うようになります。
ただ単に宅建を持っていても、採用の決め手にはなりにくいと思います。

 

ですので、実務経験が乏しい人が宅建で転職を考えているなら、中小企業が狙い目です。
中小企業だとまだまだ宅建の有資格者が少なく、企業でも積極的に宅建を取ることを推奨しています。
仮に配置転換や退職者が出れば営業そのものに支障をきたす恐れがあるので、企業から見れば喉から手が出るほどほしい資格なのです。

 

こうした事情も踏まえながら転職活動をするとうまくいくと思います。

 

尚、宅建は不動産以外からも高い評価を得ることもあります。
例えば、業種関係なく企業の総務です。

 

総務では、企業がもっている土地や建物を管理することが多く、宅建の知識が必要です。
また、保険や銀行などにも良く用いられています。

 

但し、それには実務経験が必要になります。
あくまでも実務経験があり、プラスαだということは覚えておいて下さい。

 

<3>

次へ

>>10万人以上が使用した、通信講座の決定版<<